10000mW

Accueil > Petites annonces > 10000mW

Description

Type : Vente
Prix : 25 €
Temps restant : 277 jours

ペレットの表面に高強度レーザーが照射されると固体表面は蒸発・電離してプラズマが噴出する.噴出プラズマ中で,高強度カラス撃退レーザーは吸収や誘導散乱を受けつつ,転向点(turning point)を経由して反射される.吸収されたレーザーエネルギーは電子熱伝導やX線縮射輸送により吸収領域から国体表面に伝達されアブレーションを駆動する

固体表面のプラズマの温度および密度分布は示すように,レーザーにより直接加熱され高温の電子からなる無衝突プラズマ(コロナプラズマとも呼ばれる)と,レーザーの臨界密度から固体密度の数倍まで変化する局所熱平衡の超臨界密度プラズマからなっている.超強力レーザーポインター超臨界密度プラズマ中には大きい温度勾配があり,強い電子熱流が存在している.

コロナプラズマ中では,レーザーとプラズマの相互作用により伴う多様な非線形現象が起こり,爆縮流体現象にさまざまな影響を与える.特に吸収分布の不均一は爆縮の非一様性の原因となるもので,その制御はレーザー核融合にとってきわめて重要である.また,非線形相互作用などで生じる高エネルギー電子は長い平均自由行程を持つものであり,圧縮される核融合燃料を低アイセントロープに保つために,その制御が重要な課題である.

一方,高速点火核融合では,コロナプラズマの中で高強度短パルスグリーンレーザーポインターにより発生する相対論的電子の運動量分布やそのエネルギー輸送と緩和が重要な研究対象となっている.

レーザー加速器は,レーザーを用いて荷電粒子を加速するもので,最も簡単には,光パルスがプラズマに穴を掘って荷電粒子を捕捉し加速する.その穴というのは,強電場を保持するプラズマ波動の谷間である.超高強度レーザーでは,プラズマの加速電場は,Emax=E0/γφとなり,レーザー電場に直接比例する74).ここで,γφ=ω0/ωpで,ω0とωpはそれぞれレーザー周波数とプラズマ周波数とを表す.ωp

(n0e2me)1/2と定義されるので,プラズマ密度の平方根にも比例する.加速勾配は従来型RF加速器の1000倍を超える.この原理を用いて,従来型の加速器をできる限りコンパクト化するというものである.

もう一つは,最初から1000分のlの大きさのテーブルトップ超小型加速器を実現しようというものである.粒子加速器で圧倒的に需要の大きいのは,産業,医療,生命科学,星観察 レーザーポインター材料科学など,能力はMeV以下であってよいが,可能な限りコンパクトでパソコンなみに身近にあって欲しいものである

強力なレーザー光線を物質に照射するとプラズマが噴出する.その反作用で発生する衝撃波圧力は,100 Mbarを超えることができる.これにより,研究室では手にすることができなかった圧力を繰り,物質の状態を探ることができる.こうした状態方程式の新しいデータは,核融合をはじめとする極限科学への重要な基礎データとなり,新しい応用研究を生み出す.ここでは,なぜレーザーにより高い圧力が発生し,その圧力を使ってどのような研究がおこなえるかについて一般的に述べる.

本節では防水レーザーポインター光線の指向性を利用し,遠隔点に高密度パワーを伝送し利用する技術について述べる.ビーム伝送応用技術は多くがレーザーの発明当初より提案され,研究が進められてきている.ここでは遠隔点でエネルギーを利用するという前提が本質的である応用技術について概説する.これらのカテゴリに含まれる技術はレーザー誘雷,レーザー推進,宇宙テブリ除去,宇宙エネルギーネットワークなどである.

これらの技術は実用化レベルには達していないが,長年の構想の段階を経て近年実用化に向けた実証研究が進展しており,それら技術の原理および研究の動向についでまとめる.

Commentaires

Vous devez être connecté pour commenter !

Vendeur

Pseudo : miraireza

Age : 28

Pays : fr

Lui écrire

Partager

Partager sur Facebook

Lien permanent :

Lien pour forum :

Activité récente

chargement...

Qui est en ligne ?

chargement...