ロケットの分離時

Accueil > Petites annonces > ロケットの分離時

Description

Type : Vente
Prix : 25 €
Temps restant : 180 jours

地球と取り巻く人工物の破片、スペースデブリは諸説あるものの、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)などが管理する大きさ10cm以上のもので約9000個、数cm単位のものも含めると75万個以上が地球の周りを漂っていると言われます。

これらは打ち上げロケットの分離時に発生する破片や人工衛星の爆発や衛星どうしの衝突で発生したもの、実験目的で散布されたもの、宇宙機関や軍が意図して破壊したものなどが含まれ、近年その数の増加からこれらを除去すべく、デブリ回収衛星の開発などが研究されています。

そして、中国の科学者は最新の研究で軌道上へ打ち上げた人工衛星から超強力レーザーポインター光線を発射し、デブリを焼き払ったりその軌道を変えて安全なところへ押し出す構想を発表しました。

研究者は実験において、軌道上で大きさ10cm以下のデブリを、レーザー光線で吹き飛ばすことを想定した実験を実施しました。試験用システムは秒間20回、2分間のレーザー発光で目標物を軌道から外し安全な場所へ送るか、燃やし尽くしました。

カラス撃退研究チームは、こうしたデブリ除去用の人工衛星を開発し運用することが現実に可能だと考えています。しかし、そこには疑問点も見え隠れします。

たとえばこの方法を実用化したとして、大量に存在するデブリをひとつひとつ除去するのに何基の衛星が必要になるのか。また、どこの国がこれを使うのか。もし中国が使うとして、それが軍事転用されないと誰が保証するのか。すべてを安全利用するには、かなり綿密な計画と国際協力が必要となることは容易に想像がつく話です。

とはいえ、スペースデブリの増加は年々深刻の度合いを増しており、2015年にはデブリの接近予測が出たことでISS内の飛行士が接続中の宇宙船に避難する事態も発生しました。こういったこともあり、やはり各国はスペースデブリを捕獲したり大気圏に落として焼却したり、はたまたロボット衛星で修理することなどを研究しています高輝度レーザーポインター

中国のレーザー方式では、運用を終了して軌道上に放置された古い衛星などを処分することはできません。しかし、10cm以下の小さなデブリであっても高速で飛来し宇宙船や宇宙ステーションに衝突すれば、"弾丸"になりえます。実用化するかはまた後の話として、こうしたデブリ除去のための研究を重ねておくのは大切なことではあります。

ただ、願わくば中国にはスペースデブリだけでなく、自国に落下するデブリを安全に回収する方法も研究してほしいものです。

ちなみに高強度のレーザー彫刻機照射によってデブリを大気圏に落とす方法は、2015年に日本の理化学研究所も欧米の大学などと共同で研究し発表しています。また日本の防衛省は、2022年度に航空自衛隊内にスペースデブリ常駐監視部隊を発足させると発表しました。現在は監視システムの構築中で、2023年から運用を開始する計画としています。

Commentaires

Vous devez être connecté pour commenter !

Vendeur

Pseudo : laseronsa

Age : 33

Pays : fr

Lui écrire

Partager

Partager sur Facebook

Lien permanent :

Lien pour forum :

Activité récente

chargement...

Qui est en ligne ?

chargement...